ホストマザーのつぶやき&世界観          @オーストラリア

ゴールドコースト&ケアンズ在住。 国際結婚したホストマザーのつぶやき。世界のびっくりニュースや面白い話題を。                      (続・海外に住んでも英語は喋れない)     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲイカップルの結婚式に参加

といっても、参加したのは娘の桜子。
なんでもバイト先の同僚(オージーの男性)の結婚式らしい。バイト先では彼がゲイだというのはみんな知っているし、とてもオープンらしい。

職場でも、その友人は堂々と結婚相手ののろけ話をするんだって。
普通なかなか自分がゲイだってことを、職場ではオープンにできないよね。尤もそのバイト先には他にもゲイカップルがいるらしく、そういう偏見とかも少ないんでしょうけど。

日本だったら無理だよね、きっと。
というより、まず同僚にも言わないでしょうね。だって日本の社会って、みんなと同じでない者に対して厳しいもの。

ケアンズで結婚式といっても、オーストラリアの法律では、日本同様まだ同性愛者の結婚は認められていないのよね。
だから、〇○○〇で正式に結婚式をするらしい。
(〇○○○ってどこの国だと思う? 聞いてびっくり。えっ、あの国が・・?)

10019377207_s.png ← 続きを読む前にクリックしてね。



そう、イギリスなんです。

イギリスでは同性愛者の結婚が、法的に認められているってことなの?

詳しくはわからないけど、近いうちに渡英し、正式に夫婦になるんだとか。
そこまでして結婚したいって、本当に愛し合っているんでしょうね。
桜子も、「もうラブラブなのよ~」と言っていた。

私は同性愛者に対して、特に偏見を持っていないんだけど・・・、
だって、たまたま好きになった人が同性だったということでしょ。 同性と異性とかという性を越えて、その人の本質人を好きになることだってあるんじゃないのかなって思うもの。 (全てがそうではないでしょうけど)

でも世の中には、そう思わない人の方が多いんでしょうね。
だから、ゲイの人がこの世の中で生きていくのって、きっと私達にはわからないつらいことっていろいろあると思うのね。

実は去年の地元紙ケアンズポストに、ゲイである学校教師が思いきってカミングアウトした記事が載っていた。自分がゲイであることをずっと隠してきたので、家族も知らなかったって。特に厳格な父親には口が裂けても言えなかった、と。

自分も地元で教師をしているので、職業柄言いにくいよね。
でも、このままだといけないと思い、ありのままの自分をみんなにも認めてもらいたくて、カミングアウトする一大決心をしたんだとか。

結果、カミングアウトをしてよかったって書かれてあった。今ではあの厳格な父親やも認めてくれているんだとか。これでやっと自分らしく生きられる、って。

ケアンズの人って、異質なものを差別したり、排除したりってほとんどないよね。
自分が外国人だってことも普段の生活ではほとんど感じないし、殆ど差別されることもない。

外国に住んでてて、それを意識しないで住めるってゆうのは本当にありがたい事なんです。
普段はケアンズは田舎で不便、なんて文句も言ってるけど、でも私はそういう人々の懐の温かさと大きさが大好きなので、そういう意味ではケアンズ好きです。

国際結婚ランキングにも参加するようになって、時々ゲイカップルの人のブログを読ませてもらうことがあるんですが、初めて読んだ時は、とても考えされられました。自分があまりにゲイの人の気持ちを知らなったということに。

長くなるので、続きは次回にさせてください。
でも、このことはずっと書きたいと思ってきたことなんです。


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ ← 皆が幸せになれますように!、ポチっとお願い☆
10019377207_s.png ←  こちらもポチっとお願い☆
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

ううむ。

ま。日本じゃ全く考えられないシチュエーションよねえ。
最近じゃ、ゲイだってカミングアウトする人も増えてきてはいるけど
まだまだマイノリティだわ。
そもそも、男女間のみで結婚が許されている、なんて
決まりを作っちゃったのって
宗教的な背景があるんじゃないの~?
たまたま、好きになった人が同性だっただけ、のハナシ
なんだから仕方ないのでは~?
わが国では狭量なのか、社会的には全く公には認められていないのが現状ね。
英国じゃ、かのエルトン・ジョンも同性と結婚したって話よう。
  • posted by はじけ猫
  • URL
  • 2008.07/19 21:42分
  • [Edit]

最近は

日本でも最近は同性愛者も徐々に認められて来てますよね。
テレビでも「おねえまんず」と言う番組をやっていてスタイリストやメイクさんなどいろんな方面で活躍しているゲイの人達が出てきてすごい面白いです。
普通の女の人以上にファッションやメイクに気を遣っていてとても勉強になって大好きな番組です。
ただ、一般人のゲイにとってはまだまだ厳しい世の中なんでしょうけど・・・
  • posted by あくび
  • URL
  • 2008.07/19 22:16分
  • [Edit]

英国でも「結婚」(marriage)じゃないみたい
(お堅いキリスト教徒の考えがあるから)
でも、civil union ship とかなんとか言って、
式も挙げれて、お役所に登録すれば、結婚と同等の
権利が与えられるんだそうよ。
オーストラリアもそろそろ法的に受け入れてもよさそうなのにねー。
  • posted by ペケ
  • URL
  • 2008.07/19 23:38分
  • [Edit]

そうそう、ここ最近日本でもやっと認められてきたね。
もちろん他人事として。
昔はいろんな友達がたくさんいてよく遊んでたから、ゲイの人もけっこういたけど、皆すごくいい人だよね。
もう20年近くも前の話だけど、私の友達は、その当時付き合ってた彼氏(アメリカ人)から、突然、彼が出来たと言われて一瞬理解できなかったって!
そうだよねー。
  • posted by PEKO
  • URL
  • 2008.07/20 00:33分
  • [Edit]

最近、カリフォルニアでも同性同士の結婚が認められました!大学時代に、ゲイのクラスメートと同じ男性を好きになってしまい、ライバル同士になったことがありました・・・(^^;)
ゲイの結婚が認められたとは言え、職場では同性愛者であることを隠す人も多いらしく、旦那の職場ではゲイだと風紀を乱すという理由で仕事を首になるそうです★
  • posted by *Soleil*
  • URL
  • 2008.07/20 03:20分
  • [Edit]

イギリスで同性結婚と聞いてすぐに思いついたのがエルトン ジョンがすご~くうれしそうに結婚式あげていたこと。調べてみたら2005年でした。でもこれはシヴィルパートナーということらしいですけど。私が同性結婚を認めてると聞いて驚いた国はスペインと南アフリカ。スペインはカトリック国だし、南アフリカもなんだか硬いイメージがあったので。。。
日本人のゲイの人たちでも(男女を問わず)日本にいるよりずっと暮らし易いということで大勢シドニーに住んでると聞いたことがあります。

うちの市長さん(女性) レズですよ~
市民は周知徹底事項ですが 見事当選してましたよ~
で、パートナーまで有名になっちゃってますけど
日本じゃありえませんよね
応援☆★
ちゃんとアップル煮てくださいね 笑
  • posted by Kay
  • URL
  • 2008.07/20 12:58分
  • [Edit]

日本で勤めていた会社の同僚もやはりゲイでした。ゲイの多い業界だったのもありますが、彼は堂々とカミングアウトしていました♪
一緒に遊んでいると女友達と話しているとしか思えないんですよね・・・。慣れてしまうと他の女の子よりも気が付くし優しいし、人として付き合いやすいです・w・
ちなみに、彼は兄弟でゲイでした。身近に理解しあえる人がいるということが、彼がオープンにカミングアウト出来ていた理由かもしれませんね!
  • posted by tomo
  • URL
  • 2008.07/20 15:50分
  • [Edit]

すばらしい!

おお!なにはともあれ結婚式はいいわ(^^)
イギリスではやはりエルトンね☆
彼は最初、女性とも結婚していたわ・・4年で離婚したけど・・

まっ、愛をつらぬくならば性別はどうでもいいわ!

お嬢さんは良いお友達を持っていると思います!
ゲイの男の人は女性に対してとても良い友人になると聞いております^^;
  • posted by BUN
  • URL
  • 2008.07/20 19:27分
  • [Edit]

まあ、結構居ますよね~

うちの高校の同級生にも多いですよ、ゲイ。
生物学的なものもあるみたいだし、
まあ、別に偏見持つほどの事じゃないですよねー。

日本人でも、結構こっちきてカミングアウトする人多いらしいですよ。
前の日本人の職場にも居ましたし~。
早く同性結婚認められれば良いのになあ。

話は変わりますが、
昔聞いた話によればゴールドコーストのムービーワールドの、
バットマン役をやっている男性はほとんどがゲイだそうでw
  • posted by ゴールドコースト田舎っ子
  • URL
  • 2008.07/20 19:39分
  • [Edit]

他人に対して非難の心がないっていうのは、すばらしいですね。
もちろん、アメリカもわりとそうなので過ごしやすいですが、この一時帰国の時期になるとそうでない日本を感じてつらくなります。
「こうでなくちゃいけない」とすぐに非難されるので、日本に行く前にはストレスです。
あと数日で日本ですが。(^_^;)

そうそう、アメリカに着たばかりの頃、大学の先生にゲイだとカミングアウトされて、びっくりしてしまったのを思い出しました。
そういうことを教室で言えるというのはゲイにとって気楽な国ですよね。
私もcherryさんも、他人を認められる気楽な国に住んでいることに感謝して☆
  • posted by りり
  • URL
  • 2008.07/21 12:43分
  • [Edit]

私も、ゲイの友達がいます。
最初会った時は、未知の存在だったので、正直、じーっと見てしまっていましたが、今では、一人の人間として、意見をもらったりしています。
昔は、その人に、新宿2丁目も連れて行ってもらったけれど、みんな良い人!&面白いし、頭も良い!
子孫繁栄には、反するのかもしれないけれど、異性でも同姓でも、人を愛する気持ちがあるのって、素敵ですよね♪
応援ポチッ♪
  • posted by nowbest
  • URL
  • 2008.07/21 19:20分
  • [Edit]

ケアンズって偏見のないところなんですね。ゲイカップルの結婚が正式に認められているこのイギリスでは、外国人に対する偏見がかなりあります。ここ数年で増えているみたい。今住んでいるところは、インド系の人やら東アジア系の人が住んでいますけど、偏見を感じます。なので、コスモポリタンな都会へ引っ越すことにしました。やっぱりそういうところって、ふかーく息が呼吸ができる感じで気持ちがいいです。ケアンズいいな!
  • posted by kitty-chan
  • URL
  • 2008.07/21 19:43分
  • [Edit]

>日本の社会って、みんなと同じでない者に対して厳しいもの。
ふかぁ~くうなずいてしまいました。
日本に久しぶりに住んだ2年でしたが、この点においては母国でありながらすご~~~く心地悪かったです。
オーストラリアってやっぱりのびのびしているんですね。偏見や非難のない場所で過ごしたいです。

  • posted by bebe
  • URL
  • 2008.07/21 21:06分
  • [Edit]

お久しぶりです。

ケアンズって素敵な所ですね。

「ゲイで良かった」と心から思ったことは一度もありません。
かと言って、不幸を背負ってる感じは無いんですよ。

ゲイに対する偏見がゼロになれば、「ゲイで良かった」と思えるかもしれない。
でも、偏見は絶対に無くならないんですよね。
これは、仕方無いことだと思うんです。

また、ステレオタイプ的にゲイのイメージを持ってはる人って多いと思います。
これもね、仕方ないなって思うんです。
TV見れば強烈キャラが勢ぞろいですもんね(^^;

ほとんどのゲイは、普通の暮らしをしてます。
ただ、ちょっぴり悲観的になりそうな老後がチラチラ目の前をかすめてしまう。
そんなわけで、ヘテロの人以上に頑張って仕事しようとか、資産管理しようとか思うんだと思います。←むちゃくちゃ現実的ですが^^

ゲイであることで一番ツライこと。
「結婚して子供を持てない現実」と「両親へ嘘をつく罪悪感」でしょうか。

なんとなく諦めモードの俺に感じはるかもしれませんが、けしてそんなことは無いんですよ。
夢はあるし、前向きに生きてますから(^^

本当は、書きたいこと一杯あるんだけど、ダラダラとこの場に書くのは申し訳ないので強引にここで終わらせます(笑)

ケアンズの意外な一面を知って、すごく嬉しかったです。
  • posted by osamu
  • URL
  • 2008.07/21 23:59分
  • [Edit]

先日テレビで観てたんですが、男性に生まれながら、中身は女性である事、の話なんですけど、これってあると思うんですよ。
私、個人的にゲイが好きなんですけど、みんな一生懸命生きてるし、人一倍頑張らないと認められない、って部分もあるから、知識も広いんですよね。
だから話しててすごく楽しいんだけど・・・。
彼女(彼)達を認めるって事、ありだと私は思ってます。
私の日本の長年の友達、めっちゃ見た目はオヤジだけど中身は女性。
日本だから、田舎だから偏見の目で見られちゃうのでカミングアウト出来ないみたい。
☆☆

  • posted by ree
  • URL
  • 2008.07/22 04:54分
  • [Edit]

公園で手をつないだり、抱き合ったりしている
男性カップルをよく見かけます
オープンなのかな?
確かに日本よりはみんな同じがいいっていう感覚はないけど
やっぱり異質なものは遠ざける気質があると思うんだけど・・・
公園でしっかり調査しなくちゃ駄目かしら
  • posted by 小夏
  • URL
  • 2008.07/26 10:47分
  • [Edit]

コメントありがとうございます。

皆さま、コメント有難うございます。
皆さんの温かいコメントに、osamuさんがGayの人のありのままの気持ちをコメントに残してくれてくれてはります。それを読むととても考えさせられます。
Osamuさん、ありがとう。

イギリスをはじめ、スペインや南アでも、正式ではないにしても結婚が認められているというのは知りませんでした。 こういう国がもっと増えたらいいと私は思います。(宗教的に難しいのでしょうけど)
  • posted by cherry
  • URL
  • 2008.08/01 08:37分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

飢餓を救って英単語学習しませんか

FREE RICE  ★ Free Rice 英単語のクイズ(4択)に答えると、正解1問に付きお米20粒が国連に寄付されます。 *      *    詳しくは・・・・こちら

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

ランキングに参加中です      

 ☆ クリックお願い ☆

プロフィール

cherry

Author:cherry
LA → ゴールドコースト → ケアンズ → ゴールドコースト

2つの世界遺産に囲まれたケアンズで、のんびりホストマザーをしながら異文化を楽しんでいましたが、永住を決めた地であるゴールドコーストに戻ってきて、次の旅行を計画中。只今リゾートホテル滞在中。


    家族

★ cherry ・・・ 旅が大好き。
夢・・・死ぬまでに世界制覇を目指す。(100カ国訪問を目指しているけど、まだ40カ国位しか行けてない)
  

★ 独夫さん(ドイツ人の夫だから独夫) ・・・・生まれはドイツ、でも住んでいる期間はオーストラリアの方が長い。
  
インドに住んで以来、インドにぞっこん。
目指すはアマゾン。(私も同じく心はインドと中南米に!)
独学で日本語を猛勉強中。

★ 桜子・・・大学生(娘)
今、日本に滞在中

★ プーチー・・猫。(オス)
アメリカンショートヘアー・・・?
我が家で一番グルメで賢い
(が、今は人様の猫君に)

カレンダー&アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ内検索

マウスについてくる星

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。