ホストマザーのつぶやき&世界観          @オーストラリア

ゴールドコースト&ケアンズ在住。 国際結婚したホストマザーのつぶやき。世界のびっくりニュースや面白い話題を。                      (続・海外に住んでも英語は喋れない)     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(完結編)世界がもし100人の村だったら 

世界がもし100人の村だったら
75人が
自然災害の危険にさらされています


災害で亡くなる100人のうち
90人以上は貧しい国の人です


洪水や高潮で
水浸しになる家に住んでいるのは
7人です。そのうち
4人はアジアの人です


100人のうち
26人は電気が使えません。
18人は
きれいで安全な水が飲めません


1年の暮らしにかけるお金が
100万円以上のもっとも豊かな人は
16人です。

1万円以下のもっとも貧しい人は、20年間
20人でしたが、いまは
15人に減りました

でも3万円以下の人は
72人います



世界がもし100人の村だったら
20人は文字が読めません。
そのうち
13人は女性です


1年の間に
54万人の妊産婦が亡くなります。

亡くなる妊産婦を100人とすると
99人は途上国に住み、ほとんどが
サハラ以南のアフリカと
アジアの女性です



「世界がもし100人の村だったら 完結編」より


私はこの「世界がもし100人の村だったら」の絵本を持っている。
日本語と英語の両方で書かれている絵本だったので、
我が家にホームステイした留学生に読んでもらった。

先進国から来た留学生にも、
後進国から来た留学生にも。

みんな、いろいろ考えさせられる本だと感銘を受けていた。

そもそも、世界を100人の住民が住む村と考える発想、
なかなか面白いし、
とてもわかりやすい。

その完結編ができたのを、今まで知らなかった。


3万円以下で1年間暮らしている人たちが、
100人のうち72人もいるというのは驚きだった。

26人は電気が使えなくて、
18人はきれいな水も飲めない、ということも。


これを読むと、改めて、私たち日本人はなんて恵まれているのか と、しみじみ思う。

今までどんなに恵まれていたか、そして今も。
そのことにもっと感謝すべきなんだろうな、って改めて思った。

と同時に、豊かな国の人たち皆がシェアーする気持ちを持っていれば、
ここまでの貧富の差は生まれなかっただろう
、と。

世界の富を牛耳っているほんの一部の人たちが、
いつになったらそのことに気付くのだろうか。



にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ   ← 応援してね ☆
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle

なぜ貧しい国は発展しないか?
自然災害がそこにはどこよりも多くあるからだよ。
そんな話を今回の震災後、子供達と話す事が出来ました。
日本は本当に恵まれてる。
アメリカで生まれ育っている子供達も恵まれている。
その感謝の気持を子供達には持って欲しいと願ってます。
  • posted by ree
  • URL
  • 2011.05/04 00:59分
  • [Edit]

考えさせられます

このお話、とてもわかりやすいですよね。
(日本では以前、TV番組で紹介していました。)

そういえば、以前、フィリピンに行ったとき、貧しく、治安の悪い地域に滞在しました。その時、路上生活をしている人の多さにビックリしてしまいました。
私は、驚きのあまり、ジロジロみてしまいましたが、主人は、赤ちゃんを抱えた人にだけ、お金をあげていました。その他の健康的な人には、あげない。(ちゃんと働いてお金を稼ぐことをするために、だからだと思うんです)
日本で生活していると、全然わからない世界。
こういった状態があるのは、制度の問題なのか?それとも、不景気なのだからか?背景を知らなければいけない。
彼らのこの状態を何とかしてあげなくては、と思います。でも、一人では出来ない。そんな時、JICAで「なんとかしなきゃプロジェクト」を行っていると知りました。

是非、このサイトも是非、見てください!
http://nantokashinakya.jp/image_movie.html

あと、以前、私のブログでもこの関係の記事を取り上げました。正直、知らなかった事もたくさんあり、考えさせられました。(下のURLをクリックして頂くと見られます)
  • posted by nowbest
  • URL
  • 2011.05/04 09:07分
  • [Edit]

NoTitle

読んだ事があります。

完結編が出たのですね!
大変興味深いです。

こう考えると日本ってとても恵まれた国だし、
私は日本人でとてもラッキーだと思います。

今度MBAのクラスメイトと
この事についてディスカッションしようかな?

私も色んな国の人の意見が聞きたい。
  • posted by 100人の村
  • URL
  • 2011.05/04 11:05分
  • [Edit]

結果が平等であるほうが不自然

この本、読みましたが、それほど感銘は受けませんでした。だって、生物の世界全般に当たり前にみられることで、人間だけが特殊な訳ないと思うからです。地球で最も繁栄しているのは、アリか白アリでしょうが、彼らの大半は繁殖も出来ず、蓄財もできず、ただ働くのみ。哺乳類にしたところで、誰もが平等な種なんてまずいない。
人間が結果の平等を求めれば、それはキリングフィールドのような世界(死は誰にでも平等に訪れます)か、誰もが貧しい社会だけでしょう。
それが人間という生き物の性だと思います。
  • posted by ヌマンタ
  • URL
  • 2011.05/04 13:41分
  • [Edit]

★ reeさま

「自然災害がそこにはどこよりも多くあるから、貧しい国は発展しない。」

なるほど・・。
そういう話をきちんとお子さんとしていらっしゃるところがreeさんらしいです。
私はreeさんのような子育てが理想なんです。
(って、もう子育ては終わったので)いえ、理想だったんです。
もしアメリカで子育てしてたら、きっとreeさんの様な子育てをしていたのかな~、なんて思いながらいつもブログを読ませてもらっています。
父ちゃんと母ちゃんを遠くから応援しています。


> そんな話を今回の震災後、子供達と話す事が出来ました。
> 日本は本当に恵まれてる。
> アメリカで生まれ育っている子供達も恵まれている。
> その感謝の気持を子供達には持って欲しいと願ってます。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2011.05/05 19:08分
  • [Edit]

★ nowbestさま

日本では以前、TV番組で紹介してたそうなんですね。

> そういえば、以前、フィリピンに行ったとき、貧しく、治安の悪い地域に滞在しました。その時、路上生活をしている人の多さにビックリしてしまいました。

私も初めて行った海外がフィリピンだったので、その時のカルチャーショックとやらは強烈でした。
それがその後の私の人生までも変えた・・? っていっても言い過ぎでないかも?
同じ体験をされたんですね。

それって、日本で生活していると、全然わからない世界ですよね。
本当に別世界。
その後、私はアフリカへ行ったのですけど、もっと考えさせられるようになりました。

> 彼らのこの状態を何とかしてあげなくては、と思います。でも、一人では出来ない。そんな時、JICAで「なんとかしなきゃプロジェクト」を行っていると知りました。

TBありがとう。
凄くいい情報で、参考になります。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2011.05/05 19:13分
  • [Edit]

★ 100人の村さま

初めてのコメント有難うございます。

私も完結編が出たのをつい最近知りました。
丁度日本の大災害の後だったので、余計考えさせられました。

> こう考えると日本ってとても恵まれた国だし、
> 私は日本人でとてもラッキーだと思います。

本当にそうですよね。
普段なかなかそう言う風に感じることは少ないけど。

> 今度MBAのクラスメイトと
> この事についてディスカッションしようかな?

是非お願いします。
そしてそのことをブログに書いて頂ければ、と思います。
私も色んな国の人の意見が聞きたいですから。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2011.05/05 19:17分
  • [Edit]

★ ヌマンタさま

>だって、生物の世界全般に当たり前にみられることで、人間だけが特殊な訳ないと思うからです。

確かにそうかもしれませんが、人間は言葉によって意思疎通ができる点で違うと思います。
しかもネットで世界中の情報も簡単に手に入ります。
豊かな国が発展途上国を支援するのは容易にできることです。
本当に支援する気があるのなら。
先進国が本当に発展途上国の発展を望んで努力したら、この絵本に書かれている数字はかなり違ってくると思います。

>哺乳類にしたところで、誰もが平等な種なんてまずいない。

と、私も思います。
でも一部の大国では食べ物を毎日大量に捨て、その一方で餓死している人たちが毎日25000人もいるという現実は調整されるべきだなのではと思います。




> 人間が結果の平等を求めれば、それはキリングフィールドのような世界(死は誰にでも平等に訪れます)か、誰もが貧しい社会だけでしょう。
> それが人間という生き物の性だと思います。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2011.05/05 20:00分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

途上国支援

以前、ご存知ですか?発展途上国の現状 という記事を書きました。 その途上国を支援する民間企業があります。 マザーハウス です。 ただ、単にお金を寄付するのではなく、 労働という対価に対して、...

右サイドメニュー

飢餓を救って英単語学習しませんか

FREE RICE  ★ Free Rice 英単語のクイズ(4択)に答えると、正解1問に付きお米20粒が国連に寄付されます。 *      *    詳しくは・・・・こちら

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

ランキングに参加中です      

 ☆ クリックお願い ☆

プロフィール

cherry

Author:cherry
LA → ゴールドコースト → ケアンズ → ゴールドコースト

2つの世界遺産に囲まれたケアンズで、のんびりホストマザーをしながら異文化を楽しんでいましたが、永住を決めた地であるゴールドコーストに戻ってきて、次の旅行を計画中。只今リゾートホテル滞在中。


    家族

★ cherry ・・・ 旅が大好き。
夢・・・死ぬまでに世界制覇を目指す。(100カ国訪問を目指しているけど、まだ40カ国位しか行けてない)
  

★ 独夫さん(ドイツ人の夫だから独夫) ・・・・生まれはドイツ、でも住んでいる期間はオーストラリアの方が長い。
  
インドに住んで以来、インドにぞっこん。
目指すはアマゾン。(私も同じく心はインドと中南米に!)
独学で日本語を猛勉強中。

★ 桜子・・・大学生(娘)
今、日本に滞在中

★ プーチー・・猫。(オス)
アメリカンショートヘアー・・・?
我が家で一番グルメで賢い
(が、今は人様の猫君に)

カレンダー&アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索

マウスについてくる星

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。