ホストマザーのつぶやき&世界観          @オーストラリア

ゴールドコースト&ケアンズ在住。 国際結婚したホストマザーのつぶやき。世界のびっくりニュースや面白い話題を。                      (続・海外に住んでも英語は喋れない)     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアでよくUFOが見られる理由(2)

ゴールドコーストによくUFOが出没しているって記事は前に書いたのだけど、
前記事を読まれていない方は、こちらから

     オーストラリアでよくUFOが見られる理由(1)

今や世界中あちこちで見られているとか。
昔からたくさんの目撃情報があっても、それを口外することはタブーとされていたらしい。

宇宙飛行士やパイロットなんて、きっと目撃した人も多くいるはず。
でも、「UFOを見た!」なんて言えば、パイロットなんて即刻首になる、と聞いたことがある。


さて、そのウルルにあるという秘密施設は、パインギャップと呼ばれていて、アリス・スプリングからバスで3日、そこから車で少し行ったところにある。

        
       0012_convert_20121031154349.jpg


ここは、地球上で最も重要な地下施設があることで知られ、オーストラリア大陸の中心から約20km離れていて、1966年に活動を開始しているとのこと。 (へー、かれこれ半世紀前?)


なんでも、調べによると、この下に12階の地下施設があり、トンネルが四方八方に延びていて、行き先は誰も想像できないそうだ。そして、さらにその地下施設は進行中らしいとのこと。

・・・らしい。としか言えないのは、だれもその施設に入ることも、そばに近づくこともできないからで、

パインギャップの入り口には、こんなサインがあり、とても厳重に管理されている。
無断で侵入すれば、逮捕されると言われている。

(友人がbush walkで道に迷って入り込んだというのがこの中だったらしい。逮捕を免れたのは、運が良かった、と。)


          0031_convert_20121031163339.jpg  
                   行き止まり、連盟防衛施設パイン・ギャップ
           立ち入り禁止区域、折り返し地点



このサインには、オーストラリアの連盟軍施設とあるが、実は米国(及び超エリート)が、オーストラリア圏内で運営しているという意味で、連盟とは名ばかりであり、米軍が全て操作している、とのこと。

オーストラリア人は建設にも参加できなかったらしく。
オーストラリア政府と当局の内閣や軍首脳部は、その機密施設の内部に入ることは禁止されているそう。

オーストラリア政府の行政がどんなに変わろうとも、パイン・ギャップが調査されたり、管理されたりすることは、絶対にないらしい。

アメリカとオーストラリアの取り決めで、アメリカがパイン・ギャップで行なっていること全てを明らかにする必要がなく、その施設での進んだ開発技術、発明、発見なども明らかにされないとのこと。

ただ、オーストラリア側には、気象台とか宇宙研究センターと報告されているだけだって。
この国は一体どこの国のもの?)

1975年、ゴフ・ホィットラム(Gough Whitlam)首相は、パイン・ギャップの管理はCIAであると明らかにしたが、

そのホイットラム氏が以前に、オーストラリア駐在のCIAエージェントの全員を明らかにして欲しいと表明したけど、陰の政府から断られたんだそう。

(首相ってその国のトップじゃなかったの?どこかの国に似てる。)


ここまでの記事は、デービット・アイクのニュースレターから一部転載させてもらっています。

この記事を読んで驚いたことは、ウルル(エア-ズロック)近くに秘密施設があるってこと以上に、その施設に関して、たとえこの国の首相でさえ何も知る権利はないということ・・・・、


じゃあ、この国は一体誰のものなの?
というより、どこの国のものなの?

それが、イギリスの秘密組織というのなら、まだわかる。
もともとオーストラリアはイギリスの属国のようなものだから。


何故にアメリカ?
こうやってアメリカは、世界中にそういう組織を作っているのだろうか? 
どうやら、そうらしいですね。
日本にも間違いなく、首相も天皇も官僚の口出しできないアメリカの秘密組織とか施設があるはず。


南半球にポツンとあるこの国でのんびり暮らしているオージー達、
ほとんどみんなこんな事実知らないよね。


本当の基地の目的は、アメリカ軍(陸、海、空)の調整及び、地球外生物とアメリカ国家安全保障局(NSA)との連帯にも関連しているんだって。

地球外生物
・・・やっぱり、エイリアンっているんだぁー。


世界各地下基地のネットワークにおいて、パイン・ギャップがなぜ重要かと言うと、古代からあるオーストラリア特有のエネルギー・フィールドに関係があるのだとか。

なんといっても、アボリジニの聖地だもの。

ウルル(Uluru)は、パイン・ギャップの一部になっていて、地球エネルギー・グリッド(格子)と直結しているんだとか。

説明できない物体がパイン・ギャップの上に群をなしていて、アリス・スプリングの周辺では、他のUFOの報告も多いと聞く。私の友人がよく見るというのも納得できる。


去年の暮れに、デービッド・アイクがパースとゴールドコーストに講演に来た時、

(残念ながら、私は後で知ったので参加できなかったのだが、
もし、前もって知っていたら、絶対に参加したのになー。参加された方います?)


その講演の後、そのパインギャップに行ったそう。
その時の詳しい様子や、取材した内容をニュースレターに記事にされているので、続きを是非読んで見てください。更に仰天の内容が詳しく書かれています。

この記事は、そのアイクの記事を引用、転載させてもらっています。写真も。

こちらがその記事、

 足元のギャップ(隙間)に気をつけよう…それはパイン・ギャップと呼ばれている。


この内容は多分信じられないと思います。
私も友人二人から実際見た話を聞かされなければ、ここまで信じていなかっただろうと思います。
でも、その後いろいろ調べているうちに、私自身はほぼ真実だろうと確信できました。
信じられない人はそれでいいと思います。


それより、私はもっと凄い情報を知ってしまったんです。
そう、このオーストラリアのことで。
というより、世界全体に関係することなんだけど。

これはちょっと怖い情報なので、ブログに記事をUPすることはないと思いますが、
私達は何も知らされていないし、何も知らないんだな、ってつくづく思いました。

テレビや新聞、雑誌などの情報だけが全てだと洗脳されているんですね、きっと。
真実を見よう、聞こうと自分からすると、見えないものが見えてきます。


もし、オーストラリアでUFOを見たら、それはきっとパインギャップで作られたものにほぼ間違いないんでしょうね。















関連記事
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle

政府には秘密がいーっぱいあるんでしょうね~。
知らない方が幸せな事も。
でも知りたい・・・とも思っちゃう。
  • posted by ree
  • URL
  • 2012.11/03 00:19分
  • [Edit]

★ reeさま

知らない方がいいのかもしれませんね。
でも知ったからには気になってー。
主人と一緒にいろいろ調べましたよ。

でも、知れば知るほど怖くなって。
ブログにはこれ以上はUPしませんが。

宇宙人に連れ去られるのは怖いけど、あって見たいなー。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2012.11/03 18:21分
  • [Edit]

凄そう!

パインギャップ、秘密基地めいていますね^^
地球外生命体より、アメリカや中国など、地球内の国の方が脅威かもしれませんねv-19
  • posted by mobic(モービック)
  • URL
  • 2012.11/03 20:19分
  • [Edit]

★ mobicさま

そうですね、今のこの緊張した世界情勢では、地球外生命体より、 地球内の他国のほうが確かに脅威でしょうね。

でも、某国(某組織?)はその地球外生命体の超越した科学力を味方につけているので、適わないだろうな、って気がします。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2012.11/04 10:25分
  • [Edit]

UFO

お久しぶりです、お元気でお過ごしでしょうか。
コメントありがとうごあいました。
UFOは私も信じておりますが、
このお話は本当に本当のお話ですか。
真実は小説より奇なりと言いますが、
これが本当なら怖い気もします。

アメリカにも似たようなお話があります。
私はドキュメントが大好きですが、
これについては聞いたことがありませんでした。
何処かで番組になっていないのでしょうか。
もっと詳しく知りたいものです。

  • posted by takechan0312
  • URL
  • 2012.11/05 19:03分
  • [Edit]

★ takechan0312さま

真実かどうかは公表されていないのでわかりませんが、
内部告発者が後を絶たないというのは、きっと本当なのでは?と思っています。
場所が場所だけに、一般の人に知られることはまずないでしょうね。
エリア51より重要施設だということにはびっくりしました。
でも確かに、地理的にも地形的にも秘密施設を作るには最適の場所だと思います。
エネルギーグリッドの中心ということもあって。

takechan0312さんは、ウルルに何度も行かれていると思いますが、うわさを聞いたことないですか?
私はオーストラリアに10年以上住んでいるけど、パインギャップの名前を聞いたのは初めてです。
どうなんでしょうね?
  • posted by cherry
  • URL
  • 2012.11/06 17:04分
  • [Edit]

こんにちは(^_^)

cherryさん、こんにちは!
まるでX-FILEに出て来そうな話ですね!(X-FILEファンです)
今日はcherryさんのFC2ブログを一通り読ませていただいて、1日が終わりましたー。(^_^)
オーストラリア、素敵なところですね。
1度は行ってみたいな。(UFOも見たい!)
  • posted by 由麻
  • URL
  • 2012.11/12 00:26分
  • [Edit]

★ 由麻さま

由麻さん、初めまして。コメントありがとうございます。

> まるでX-FILEに出て来そうな話ですね!(X-FILEファンです)

私もです。でも見たのはすご~く昔ですけど、(笑)
何でも、あの内容はかなりの部分が真実らしいです、噂によれば。
(ホンマかいな?ですけど。)

> 今日はcherryさんのFC2ブログを一通り読ませていただいて、1日が終わりましたー。(^_^)

そ、そんな、私の愚ブログのために貴重な日曜日が・・・。
ゼ、全部ですか? 何年も前から書いてるから、昔書いたこと忘れてるな~。

> オーストラリア、素敵なところですね。
> 1度は行ってみたいな。(UFOも見たい!)

いい所ですよ~。
是非ぜひ!いらして下さ~い。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2012.11/12 07:25分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

飢餓を救って英単語学習しませんか

FREE RICE  ★ Free Rice 英単語のクイズ(4択)に答えると、正解1問に付きお米20粒が国連に寄付されます。 *      *    詳しくは・・・・こちら

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

ランキングに参加中です      

 ☆ クリックお願い ☆

プロフィール

cherry

Author:cherry
LA → ゴールドコースト → ケアンズ → ゴールドコースト

2つの世界遺産に囲まれたケアンズで、のんびりホストマザーをしながら異文化を楽しんでいましたが、永住を決めた地であるゴールドコーストに戻ってきて、次の旅行を計画中。只今リゾートホテル滞在中。


    家族

★ cherry ・・・ 旅が大好き。
夢・・・死ぬまでに世界制覇を目指す。(100カ国訪問を目指しているけど、まだ40カ国位しか行けてない)
  

★ 独夫さん(ドイツ人の夫だから独夫) ・・・・生まれはドイツ、でも住んでいる期間はオーストラリアの方が長い。
  
インドに住んで以来、インドにぞっこん。
目指すはアマゾン。(私も同じく心はインドと中南米に!)
独学で日本語を猛勉強中。

★ 桜子・・・大学生(娘)
今、日本に滞在中

★ プーチー・・猫。(オス)
アメリカンショートヘアー・・・?
我が家で一番グルメで賢い
(が、今は人様の猫君に)

カレンダー&アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索

マウスについてくる星

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。