ホストマザーのつぶやき&世界観          @オーストラリア

ゴールドコースト&ケアンズ在住。 国際結婚したホストマザーのつぶやき。世界のびっくりニュースや面白い話題を。                      (続・海外に住んでも英語は喋れない)     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっかり海外でやってしまうと、人生を終わりかねない12の罪

国が違えば、文化も習慣も違うけど、
それだけでなく、法律も違うんですよね。

「知らなかった!」
で済まされない出来事に遭遇することだってあるので、
気をつけなければ・・・。


実際に、知らずにとんでもない目にあった出来事が紹介されているソース元は、こちら

    12 Things You Don’t Want to Be Caught Doing in Foreign Lands

それをらばQさんが訳して下さっているので、転写させて頂きました。    
             

1.タイで王室を傷つける

タイでは君主制をとても重んじています。
王室の名誉を少しでも損なうようなことがあれば、相応の高いツケを払わされます。

国外追放されている57歳のスイス人のオリバー・ジュファーさんは、ちょっと酔っ払ってしまったときに、現国王ラーマ9世の肖像画を汚してしまい、タイ裁判所から不敬罪として懲役10年の判決(最高75年)が下されました。
その後ラーマ9世自身によって減刑されたそうです。


2.ドバイでいちゃいちゃ

厳密に言えばドバイの観光地で手をつなぐことも違法になります。
2008年にはビーチでキスをしたイギリス人カップルが逮捕されて問題になりましたが、男女が本能のまま行動すると思わぬ文化の壁が立ちはだかることになります。


3.ブータンで喫煙

この小さなヒマラヤの国にタバコを持って入るだけでも100%の税金が課されます。公共で喫煙をするとさらに225ドル(約1.8万円)を支払うことになり、もしタバコを売っているところを捕まるとブータンの刑務所に入る可能性があります。


4.シンガポールで落書き

シンガポールは町を汚すことへの罪が重く、落書きだけでなく、ゴミのポイ捨て、交通規則違反、トイレの流し忘れなども違法となります。18歳のアメリカ人マイケル・フェイが落書きをしたときも同様で、彼は罰金、刑務所、そしてムチ打ち4回の刑が科されました。


5.イランでロマンス

イランの法律ではムスリム以外の男性がムスリムの女性と関係を持つことを違法としています。めったにないものの、欧米人でその類の逮捕者が出ているようです。当然捕まるとイランの刑務所で数年を過ごすことになります。


6.エルサルバドルで武器を所持

中米の国エルサルバドルで銃犯罪を規制するために出来た法律のようですが、銃の所持に対するライセンスに関して非常に厳しく取り締まっているようです。旅行者でこれに違反して拘束されている者がおり、これを破ると刑務所も必須です。


7.インドネシアで麻薬

インドネシアでなくとも麻薬の密輸を行うことはかなり愚かな行動ではありますが、インドネシアは世界でも特に麻薬の取り締まり方の厳しい国です。出身国を問わず、銃殺による死刑が科されます。


8.インドで牛を殺す

ヒンズー教の世界で牛を崇めるというのは誤解のあるコンセプトのようですが、実際に死なせてしまうことはインドのいくつかの州で違法となっており、憲法にも牛の保護が盛り込まれています。牛を殺めてしまうと重い罰金と最高5年の禁固刑が待っています。


9.スーダンでクマのぬいぐるみに「ムハンマド」と名付けること

教師のジリアン・ギボンズさんは痛い方法でこのことを知ることとなりました。彼女はクラスのマスコット的ぬいぐるみの名前をスーダンの生徒に選ばせたのですが、「ムハンマド」という名前が選出されたことにより、彼女は刑務所に入ることになりました。裁判では40回のムチ打ちはなんとかまぬがれたものの、緊張した中、釈放されるまで8日間拘留されました。


10.トルコで古美術品の売買

自国に持ち帰るためのトルコのお土産を見つけたとします。それがもし「アンティーク」のカテゴリーに入ろうものなら、そしてそのための正式な書類を持っていないとなると、刑務所行きのために出国が遅れることになります。


11.サウジアラビアで酒の摂取
サウジアラビアでは公式にアルコールの消費が違法となっています。ただし場所によって外国人がそのルールを曲げることを容認されていますが、ムチ打ちの公開処刑を避けたければ、あるいはアル中を治したいなら、一切触れないのがいいでしょう。


12.アメリカで不法侵入

当然ながらどこの国であろうと他人の家への不法侵入はいけないことです。不法侵入に対する罰は大抵の国にありますが、アメリカの場合は各家庭の5割に銃があるため、警察が来るより前に自分の命の命運が決してしまうことが多いのです。

本当に、国が違えばここまで違うんですね。
知らなかったですまされないです。

イスラム教の国って興味あるけど、ちょっと怖いな。
ドバイでは手もつなげない?
そういえば、ドバイでKISSしたカップルが逮捕されたニュースは衝撃的だったな~。

インドネシアの麻薬の厳しさも。
お隣の国だから、これで捕まったオージーって多いんですが、処罰は厳しいです。


世界には、まだまだいろいろありますよね。

これは知らなかったな~って思う記事がありましたら、
ぽちりとよろしくね~!


 にほんブログ村 オーストラリア情報

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

ウォンバット

インドネシアの麻薬はよく日本人も捕まってますよね。ただそれが本当に密輸したのか、それとも誰かによって仕組まれたか?なんていうことが焦点になったりしますよね。

だからバリって安くてオーストラリア人沢山いってるのですこし興味があるんですが、私はいかないようにしてます。

麻薬してませんよ。ww
  • posted by
  • URL
  • 2012.12/18 20:54分
  • [Edit]

こんばんわ~♪

何度もきていただいたなんて、、、ありがとうございます
そして、あたたかいお言葉がとても励みになりました。

前にワイドショーか何かでやっていたのですが、海外から帰国しようとした日本人男性が、空港の荷物のチェックで麻薬がでてきて、そのまま現地の刑務所に20年?終身刑?になった人がいるみたいです
麻薬は知らない間に誰かに荷物の中に入れられていたんだとか、、、そう何度訴えてもダメみたいでした

これはコワイ話ですね

  • posted by みおん
  • URL
  • 2012.12/18 23:18分
  • [Edit]

NoTitle

本当、色んな法が国によってあるんですね~。
上を読む限り、外国人が日本で・・・ってニュースは耳にしませんよね。
銃刀法違反や麻薬だって問題になるのは日本人だし。
4番目のですが、常識的に考えたらやってはいけない事じゃないですか?
それほど国で問題になってるんでしょうね~。
  • posted by ree
  • URL
  • 2012.12/19 01:45分
  • [Edit]

★ ウォンバットさま

> ただそれが本当に密輸したのか、それとも誰かによって仕組まれたか?

自分に全く身の覚えがなくても、一旦見つかれば、無実を証明するのは本当にむつかしいみたいです。
多くの日本人がそれで逮捕されていますよね。
国外ではその国の法律に従わなければいけないから、弁護士も大変だと思います。
もしインドネシアに行く時は、スーツケースを預けないで、手荷物だけで行きます。
スーツケースに入れられたってケースをよく聞くので。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2012.12/19 08:48分
  • [Edit]

★ みおんさま

> 麻薬は知らない間に誰かに荷物の中に入れられていたんだとか、、、そう何度訴えてもダメみたいでした

そうなんです、こういうケース怖いですよね。
私たち海外に旅行へ行く時でも、スーツケースに鍵かけないんですよね、
前に鍵かけて、その鍵をなくして困ったことがあって、それ以来。
でも、流石にこういう国へ行く時は、かぎをいくつもしたいいです。
というより、荷物を預けたくないです。

  • posted by cherry
  • URL
  • 2012.12/19 08:53分
  • [Edit]

★ reeさま

> 上を読む限り、外国人が日本で・・・ってニュースは耳にしませんよね。

日本では、特に変わった法律もないようなきがします。
聞かないですよね、そんな話。
でも、外国人にしてみたら、えっ、っていうのがあるのかも?

> 4番目のですが、常識的に考えたらやってはいけない事じゃないですか?

だから、シンガポールは街全体が綺麗なのでしょうね。
この法律を適用して欲しい国、世界にはいっぱいありますよね。
ゴミ捨てが日常茶飯事の国では、是非!

  • posted by cherry
  • URL
  • 2012.12/19 08:58分
  • [Edit]

くまのぬいぐるみ〜(>_<)

登場したほとんどの国に行った事がないってのもありますが、全部知りませんでした、、。
法律に触れることになる事以外にも、その国の人とのコミュニケーションを悪くするジェスチャーなんかも知っておかないと!ですね。
(こういう仕草をしたら、相手を怒らせる、みたいな、、)
  • posted by 由麻
  • URL
  • 2012.12/19 09:06分
  • [Edit]

★ 由麻さま

> その国の人とのコミュニケーションを悪くするジェスチャーなんかも知っておかないと!ですね。

そうそう、国によってジェスチャーとか、してはいけないこういとかも随分違うそうだから。
手招きとか。子供の頭を触ったら激怒される国とか、いろいろありますよね。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2012.12/19 18:11分
  • [Edit]

掲載ありがとうございます!

バッグに麻薬を仕組まれて逮捕とか怖いです(><)
改めて、気を引き締めなきゃなと思いました。

インドで牛を食べましたが、自然死した牛の死体が調理されていたのか、実は牛じゃなかったのか、気になるところですv-7

  • posted by うさき
  • URL
  • 2012.12/19 19:28分
  • [Edit]

NoTitle

こんばんは~~!
色々お国柄でありますよねぇ~!

マレーシアに住んでいたとき、
子供たちがまだ小さかったので、ドイツ語でお散歩(ダダ~)という言葉を使っていましたが、それって、麻薬という言葉だったので、気をつけなくてはいけないと主人に言われました。
  • posted by ami
  • URL
  • 2012.12/19 21:42分
  • [Edit]

★ うさきさま

> バッグに麻薬を仕組まれて逮捕とか怖いです(><)

実際に持ってて見つかるのも恐怖だろうけど、身の覚えのない罪で銃殺なんて理不尽すぎます。

インドでも、宗教が違えば食べてもいいのではないですか?
以前にインド人留学生がホームステイしたことがありますが、生まれてから肉も魚も食べたことがないと言ってました。魚とチキンとかは挑戦して食べたけど、牛肉は流石に…。牛は神様ですものね。


  • posted by cherry
  • URL
  • 2012.12/20 07:12分
  • [Edit]

★ amiさま

言葉、ありますよね。
ドイツ語の散歩が、マレーシア語で麻薬だなんて、危ない!危ない!
そういう言葉って、きっと世界中にいろいいっぱいあるんでしょうね。
笑い話ですまされればいいけど、見に危険が及ぶような言葉は、クワバラ、クワバラ…。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2012.12/20 07:22分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

飢餓を救って英単語学習しませんか

FREE RICE  ★ Free Rice 英単語のクイズ(4択)に答えると、正解1問に付きお米20粒が国連に寄付されます。 *      *    詳しくは・・・・こちら

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

ランキングに参加中です      

 ☆ クリックお願い ☆

プロフィール

cherry

Author:cherry
LA → ゴールドコースト → ケアンズ → ゴールドコースト

2つの世界遺産に囲まれたケアンズで、のんびりホストマザーをしながら異文化を楽しんでいましたが、永住を決めた地であるゴールドコーストに戻ってきて、次の旅行を計画中。只今リゾートホテル滞在中。


    家族

★ cherry ・・・ 旅が大好き。
夢・・・死ぬまでに世界制覇を目指す。(100カ国訪問を目指しているけど、まだ40カ国位しか行けてない)
  

★ 独夫さん(ドイツ人の夫だから独夫) ・・・・生まれはドイツ、でも住んでいる期間はオーストラリアの方が長い。
  
インドに住んで以来、インドにぞっこん。
目指すはアマゾン。(私も同じく心はインドと中南米に!)
独学で日本語を猛勉強中。

★ 桜子・・・大学生(娘)
今、日本に滞在中

★ プーチー・・猫。(オス)
アメリカンショートヘアー・・・?
我が家で一番グルメで賢い
(が、今は人様の猫君に)

カレンダー&アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索

マウスについてくる星

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。