ホストマザーのつぶやき&世界観          @オーストラリア

ゴールドコースト&ケアンズ在住。 国際結婚したホストマザーのつぶやき。世界のびっくりニュースや面白い話題を。                      (続・海外に住んでも英語は喋れない)     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年に4度も一時帰国した理由

ちょうど1年前、私たち夫婦は日本に一時帰国した。

それが、夫独夫さんにとっては、初めての日本だったってことは、
その時のブログに書いたんだけど、

その時のブログ 日本に旦那と一時帰国していました。

その日本からオーストラリアに帰ってきてからわかったことは、
なんと、
独夫さんのおじいさんの兄弟の墓が日本にある
ということ。

しかも、
名古屋の大学にその人の銅像まである、と。


なんで、日本の大学にドイツ人の夫の親戚の銅像があるのか?

独夫さんさえ知らなかったこの事実、
そして、もし本当なら、その大学に行ってその銅像を見てみたい、
それが私たちの共通の願いだった。


といえど、本人は当然もうすでに他界されているし、
もちろん奥さんも。

でも、奥さんの妹さんがまだご健在で、
ミュンヘンに住んでいるということがわかり、国際電話した。

「その銅像があるっていう大学は、名古屋のどこの大学なんですか?」
「@#$%^&*ユニバーシティ」

何度聞いても、「@#$%^&* ユニバーシティ」
日本語に全然聞こえない。

まあ、日本語なんて聞いたこともない人だから、
日本語の発音をするのはむつかしいのはわかるけど、
せめて最初の言葉だけでも、と思って耳をダンボにして聞いたけど、

........わからない。(涙)

やっぱり聞いたことない言語は、発音できないんでしょうね。
若い人ならともかく、80過ぎている人だから余計。

で、どうしたかって?
独夫さんが、Googleで検索したら、ひょっとしたらわかるかもしれない、って。

とりあえず、その人の名前を入力したら.......,

あった〜!
名古屋の○○大学。

えっ?!

初代学長 ...........?


もう、びっくり
夫だって、義母だって知らなかった事実。
独夫さんがどんなに驚いたか.....。

日本人の私と結婚していなかったら、
おそらくこの事実を知らないままだったはず。


私と独夫さんは不思議な縁で結ばれているとずっと思っていたけど、
やはり、何か意図されて出会うべきして出逢ったんだろうな、
って改めて思いました。


初代学長ってことは、大学を創設した人ですよね。

その方が、どんな思いで日本に大学を作って、
そしてたったひとりで日本に骨をうずめなければいけなかったのか、

その話を聞いた時には、涙が止まりませんでした。


遠い国から日本に来て、
日本人のために、苦労して大学を作って下さり、
本当に有難うございました。

何度もそう言わずにはいられませんでした。


関連記事
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle

すごいなー
なんか先祖をさがして三千里ですね。

  • posted by wombat
  • URL
  • 2013.06/30 21:22分
  • [Edit]

素晴らしい!

なんともドラマチックな話(現実)ですね!
独夫さんとの出会いは、もうまさしく Schicksal (英 distiny?)でしょう!
そして日本で生きて、日本で死んでくださったおじいさんの事を思い浮かべただけでも、なんだか『うるっ』とします。。。
  • posted by 由麻
  • URL
  • 2013.07/01 07:04分
  • [Edit]

★ wombatさま

独夫さんがが初めての日本から豪に帰って後、ドイツに住んでいる親戚に連絡を取ったことが、今回の三千里物語の発端になりました。

ドイツよりオーストラリアに住んでいる方が長いので、ドイツに住んでいる親戚とはあまり連絡を取っていなかったみたいです。

日本に行かなかったら、その親戚にも連絡を取る事も無かったと思います。

  • posted by cherry
  • URL
  • 2013.07/01 09:23分
  • [Edit]

★ 由麻さま

独夫さんとはソウルメイトだとは思っていたけど、
これにはちょっとビックリしました。


  • posted by cherry
  • URL
  • 2013.07/01 09:24分
  • [Edit]

戸籍と遺言

実は家族関係を国家が管理している(戸籍制度)は日本独特です。日本の場合、戸籍を遡れば親族の行方を知ることが出来ます。でも、これは諸外国では不可能。国境を超えてしまえば、もはや国家の管理は不可能ですから。
ただし例外は二か国、韓国(多分、北も)と台湾です。つまり日本の元植民地。
ほかの国は戸籍がないので、遺言を残さないと相続人さえ分からない。
もっとも中華圏と一部の西欧諸国では私的な(これが本来だと思いますが)家系図があるので、それに基づくそうです。
日本でも国際化のせいで、相続人が国外にいるケースもあり、実務上非常に難儀しているところです。
日本の大学制度は欧米から外国人教授を招いて育成してきましたから、それ自体は不思議ではないのですが、cherryさんの配偶者との縁があったとは、本当に驚きですね。
  • posted by ヌマンタ
  • URL
  • 2013.07/01 17:59分
  • [Edit]

★ ヌマンタさま

> 実は家族関係を国家が管理している(戸籍制度)は日本独特です。

そうなんですってね。
便利な面もあれば、そうでない場合もあり、一概にはどちらがいいとは言えませんが。

> 日本でも国際化のせいで、相続人が国外にいるケースもあり、実務上非常に難儀しているところです。

ということで、最近税法が変わったみたいです。
相続税対策として、海外居住する人も少なくないからでしょう。
海外からの送金も、以前は問題ない金額でも、最近はすぐに国税局から連絡があるそうです。

> 日本の大学制度は欧米から外国人教授を招いて育成してきましたから

その初代学長も、日本に大学を作るために、
わざわざアメリカまで勉強に行ったそうです。

  • posted by cherry
  • URL
  • 2013.07/01 20:15分
  • [Edit]

NoTitle

すごいですねぇ~~!
わたしは、、ただうちの独夫と出合っただけでしょうけど
、笑

感謝ですよね!!!感動!
  • posted by ami
  • URL
  • 2013.07/01 22:01分
  • [Edit]

NoTitle

学長とは!!
私ももらい泣きしてしまいました。
どこかで必ず繋がっていると思いますが、cherryさんとだんな様は日本で繋がってたんですね。
  • posted by ree
  • URL
  • 2013.07/02 00:39分
  • [Edit]

独夫さんの親戚

独夫さんのおじいさんの兄弟に
そんなすごい方がいらしたんですね。
その方にはご家族はいないのでしょうか?
日本に独夫さんの親戚がいる可能性もあるのかな。
お二人が何処で知り合われたか、
以前のブログを読んでいないので分からないのですが、
二人はきっと結ばれる縁だったのでしょうね。
この物語の続き、楽しみにしています。
  • posted by takechan0312
  • URL
  • 2013.07/02 01:34分
  • [Edit]

★ amiさま

人生ってこんな展開もするんですね。

2年前に他界した義父は、自分の実のおじさんのこんな偉業を全然知らないんですよね。
もし生きていたら、是非日本のその大学に連れて行ってあげて、
おじさんのお墓参りもさせてあげたられたのになー、って。
その事実がわかる1年前に他界したんですよね。
そのことが心残りです。

> 感謝ですよね!!!感動!

amiさん、ありがとう。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2013.07/02 16:35分
  • [Edit]

★ reeさま

> 私ももらい泣きしてしまいました。

reeさんって本当に感性豊かな方なんですね。
わたしもまさか独夫さんと、日本でつながっていたとは驚きです。
でもきっとみんなそういう風に、何かのつながりがあって結婚するのかも?
  • posted by cherry
  • URL
  • 2013.07/02 16:50分
  • [Edit]

★ takechanさま

> その方にはご家族はいないのでしょうか?

奥さんもすでに他界されているので、詳しくはわからないです。
ミュンヘンに住んでいる奥さんの妹さんと連絡がついて、今回のことがわかったんです。
その方のお子さんのこととか何も言われていなかったから、いらっしゃらないのかも?

> お二人が何処で知り合われたか、
> 以前のブログを読んでいないので分からないのですが、

ここオーストラリアでです。
共通の友人のバースデイパーティで。
その友人はずっとボランティア活動をされていて、チャリティを兼ねてのバースディパーティだったんですが、ここオーストラリアで私が一番尊敬している友人です。
独夫さんもそういう活動をしたんです。

  • posted by cherry
  • URL
  • 2013.07/02 17:13分
  • [Edit]

NoTitle

深い縁を感じますね。
そしてその大学の学長さんだった方も、
独夫さんも、強い信念の一本通った方なんだな、ってコメントを読んでいても感じました。
いいお話有難うございました。
  • posted by ふぅみん。
  • URL
  • 2013.07/17 22:27分
  • [Edit]

★ ふぅみんさま

深い縁、
そうなんですよね、もうびっくりです。

まだこの話には続きがまだまだあるんだけど、
その話の先を聞いたら、もう言葉がなかったです。

この世の仕組み、というか、
私たちがなぜこの世に生まれてきたか、という長い間の疑問の答えにも通じるものがあって…。
やっぱり、私たちは生かされているのかな、って。
この続きはまたゆっくりだけど、少しずつ書いて行きたいと思っています。

そうなんです、ふぅみんさんのおっしゃる通り、独夫さんは強い信念の持ち主です。(ドイツ人だから頑固です。笑)


  • posted by cherry
  • URL
  • 2013.07/20 20:23分
  • [Edit]

NoTitle

名古屋って良いところですよね
日本の大学建立はクリスチャンの献金によるところが大きいと聞きました

宗教は争いも持ってきますが…
ルネサンスみたいに教育と結びついてほしいです(^^♪
  • posted by あおいよだれかけ
  • URL
  • 2014.04/09 08:43分
  • [Edit]

★ あおいよだれかけさま

コメント有難うございます。

> 日本の大学建立はクリスチャンの献金によるところが大きいと聞きました。

そうなのでしょうね。
その方もドイツの神父さんだったそうで、イギリスの大学で日本語を勉強したという事もあって、日本に派遣されたそうです。戦前の事です。
高校の学長もされてたと聞きました。
その当時学生だった方達がまだ行きていらしたら、是非その頃のお話を伺いたいです。私も独夫さんも。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2014.04/09 17:56分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

飢餓を救って英単語学習しませんか

FREE RICE  ★ Free Rice 英単語のクイズ(4択)に答えると、正解1問に付きお米20粒が国連に寄付されます。 *      *    詳しくは・・・・こちら

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

ランキングに参加中です      

 ☆ クリックお願い ☆

プロフィール

cherry

Author:cherry
LA → ゴールドコースト → ケアンズ → ゴールドコースト

2つの世界遺産に囲まれたケアンズで、のんびりホストマザーをしながら異文化を楽しんでいましたが、永住を決めた地であるゴールドコーストに戻ってきて、次の旅行を計画中。只今リゾートホテル滞在中。


    家族

★ cherry ・・・ 旅が大好き。
夢・・・死ぬまでに世界制覇を目指す。(100カ国訪問を目指しているけど、まだ40カ国位しか行けてない)
  

★ 独夫さん(ドイツ人の夫だから独夫) ・・・・生まれはドイツ、でも住んでいる期間はオーストラリアの方が長い。
  
インドに住んで以来、インドにぞっこん。
目指すはアマゾン。(私も同じく心はインドと中南米に!)
独学で日本語を猛勉強中。

★ 桜子・・・大学生(娘)
今、日本に滞在中

★ プーチー・・猫。(オス)
アメリカンショートヘアー・・・?
我が家で一番グルメで賢い
(が、今は人様の猫君に)

カレンダー&アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

マウスについてくる星

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。