ホストマザーのつぶやき&世界観          @オーストラリア

ゴールドコースト&ケアンズ在住。 国際結婚したホストマザーのつぶやき。世界のびっくりニュースや面白い話題を。                      (続・海外に住んでも英語は喋れない)     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ミュータント・メッセージ』 

世界中で話題になっているこの本、どうしても読みたくて日本の友達に送ってくれるよう頼んだ。その間待ちきれず、こちらで売られている英語版を買って読み始めたんだけど・・・。
(にしてもオーストラリアって書籍が高いんですよね。薄い本なのに2500円もするんですよぉ~。)

       
ミュータント・メッセージ (角川文庫)ミュータント・メッセージ (角川文庫)
(1999/04)
マルロ モーガン

商品詳細を見る


著者のアメリカ人女性が、オーストラリアのアボリジニとオーストラリア大陸を120日間で横断した記録。
人の営みのもっとも基本を教えてくれる一冊。生活とか生きるとか人生等において、目的とか目標とか、価値観とか道徳とか、そんなものが一切なく、ただただ人が人であるためにそこにいる。
つまり、いろんなことに追われている現代人をホッと癒してくれる一冊。
             続きは・・・・こちらをクリック

そのアメリカ人女性は最初に、自分が持っているもの、身につけているもの全てを必要ないものとして燃やされたそう。アボリジニは、「何も持たなくても、必要なものはすべて与えられる」と信じ、実際それでやってきたという長い歴史(4万年)がある。

 人気ブログランキングへ 

本の内容に関しては、検索からいろんな方のサイトの記事を参照させてもらっています。

アボリジニ族は文字文化をもたない

言葉はあっても彼らはほとんど言葉を声に出すことはしない。彼らはメンタル・テレパシーを使って無言のままにお互いの意思を伝えあっている。お互いの考えていることはお互いに意識レベルで通じあっているという。
だから彼らはうそをつく必要がない。彼らのこころは常に開かれている。

 * (これは私も聞いています。文字をもたなく、文化などの伝承はすべて、物語風の絵を描いて子孫に伝えてきた。 だからアボリジニの絵にはストーリがあるんですね。絵の描き方は種族によってそれぞれ違うそうです。)

016.jpg


これは言葉を使って人とのコミュニケーションをはかっている現代人には衝撃的である。
言葉たくみに人を騙すというが、言葉で人を騙すことは容易なのである。意識レベルで通じ合うことのできない現代人は、余程のことがないかぎり言葉のわなにまんまと陥りやすい。
私たち現代人の生きる世界ではメンタル・テレパシーといえばさしずめ超能力のことである。しかし、それを当たり前にアボリジニ族は使っている。
     続きは・・・・・こちらをクリック

★ こちらのサイトには、もっといろいろ詳しく書かれています。↓
アボリジニだけでなく、世界中の先住民のことについてもとても参考になることが書かれています。
「ミュータント・メッセージ」に関しての私見・・・・・こちらをクリック

ご存知だと思いますが、この本はアボリジニから異論を唱えられています。彼女の体験は真実でないと。アボリジニの文化を金もうけの手段(本を出版)として使ったとしたら、それは許されるべきことではないと思う。

アボリジニは4万年もの長い間。何も持たなかった。この大地さえも。
      We don't owe the land. The land owes us.

そういうポリシーを持っていたため、白人がやってきて、「この大地は誰のものだ?」と聞かれた時、「我々のものではない」と答え、「それなら我々が貰おう!」と、このオーストラリアの大地はイギリスのものになったのだそう。

消費大国の日本が、いま考えなければいけないことを、こおのアボリジニの考え方からいろいろ学べるような気がします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ ← こちらも応援してね。☆

人気ブログランキングへ  ← 自分の生活を見直そうかなって思われた方、ぽちっとお願い
スポンサーサイト

*Comment

言葉。

cherryさん、こんにちは。
アボリジニのこと、詳しく全然知りませんでした。
コミュニケーションのところで、本当に考えさせられました。
息子は話すことが苦手なので、それと照らし合わせたりして、、、。
言葉を使うゆえの罠、たしかにあるなあ、と思いました。
教えてくださり、ありがとうございました。 
  • posted by かたこ
  • URL
  • 2008.04/22 22:49分
  • [Edit]

メンタル・テレパシー。
人間は元々、きっと超能力があるんでしょうね?!
今で言う第6感ですかね?
文字文化がないのは、その能力があるからだなんて、
とても考えさせられます。
  • posted by BlueBlueberry
  • URL
  • 2008.04/23 00:15分
  • [Edit]

素朴で自然体

いいお話で、興奮しました。この本のこと知りませんでした。この本、いわゆる啓蒙本とは毛並みが違うんですね。アボリジニの方々は自然なままで豊かに平和にくらしていく特殊な能力を有している。cherryさんのご紹介で概略が分かり、25ドル浮きました。
アボリジニに比べると、私達は時間を節約して働いて、その節約した時間はどこへ行ったのか、全今日して得た知識で、訴訟社会になって現在人はピリピリ、なんかおかしいですよね。
一切の財産を有さずに「生きてるだけ」で既に十分な価値が有る、という文化、財産を求める私達の日常生活とは違いますよね。
  • posted by リオ
  • URL
  • 2008.04/23 01:05分
  • [Edit]

やっと旅行から帰ってきました。

アボリジニの文化、初めて知りました。
嘘つかない?
う~ん。うらやましい。。。そんな世界に住んでみたいな。
  • posted by りり
  • URL
  • 2008.04/23 02:33分
  • [Edit]

素敵ですね☆

アボリジニの「必要な物はすべて与えられる。」という言葉が聖書にもあるので、なんだか感動してしまいました♪アボリジニのメンタル・テレパシーは日本で言うと以心伝心みたいな感じなのでしょうかね?!相手の気持ちを読んだりしない、言葉がコミュニケーションのアメリカ人にとっては、ショッキングなことかもしれませんね☆

新婚旅行でシドニーを訪れた時に、アボリジニの博物館を訪れたのですが、確かにアボリジニの文字は見かけなかったような気がします。その代わり、アートがとても素晴らしかったのを今でも覚えています♪cherryさんのブログはすごく学ぶことが多いです!応援☆
  • posted by *Soleil*
  • URL
  • 2008.04/23 03:05分
  • [Edit]

アボリジナルの方のことをほとんど知らないのでぜひこの本を読んでみたいです。
世の中物が溢れすぎてなんだかおかしくなってきているような気がします。
文字文化も持たないなんてすごいことだな。

  • posted by yashu
  • URL
  • 2008.04/23 08:00分
  • [Edit]

★ かたこサマ

私もオーストラリアに旅行にくるまでアボリジニのことは全く知りませんでした。
いろいろ本を読んでいるうちに、読めば読むほど興味が沸いてきて・・。
できたらアボリジニの部落で1か月くらいホームステイさせてもらいたいくらい。
(でもなんでも食べないといけないので、それはできないかもな~・・・涙)

「言葉を使うゆえの罠」ってあるでしょうね。
自分の気持ちをうまく言葉で表現できないと、なにかと不利な社会かもしれませんね。
言葉巧みに操る詐欺師、なんて絶対いないでしょうね。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2008.04/23 09:17分
  • [Edit]

★ BlueBlueberryサマ

「メンタル・テレパシー。
人間は元々、きっと超能力があるんでしょうね?! 」

そう、私もそう思ってるんです。
言葉や文字を使うようになって、だんだんその能力が退化していったのだと。
アボリジニは文字を使用しなかったので、きっとその能力が消えなかったのだしょうね。
(勿論それは白人が来る前までの話で、今では英語も読み書くできるし、都市部に住んでいる人はきっと私達とそれほど変わらないのでは・・?)
これっていわゆる第6感って言われているものなんでしょうね。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2008.04/23 09:23分
  • [Edit]

★ リオさま

「一切の財産を有さずに「生きてるだけ」で既に十分な価値が有る、という文化、財産を求める私達の日常生活とは違いますよね。」

本来、人間は自然の恵みに感謝しつつ、生きているだけで幸せを感じられたのだと思います。きっとそういう風に生まれてきたのかな?って思ったりもします。他の動物同様。

でもいろんなものを所有し、例えば土地を所有することにより、住宅ローンや固定資産税の支払いに悩まされ、自然災害で全てを無くすこともあるし。
新製品が出たら、どんどん欲しくなり、まだ使えるのに捨てて、買い替える・・・。物に支配されているのかもしれないですよね。便利いい世の中になったけど。

少なくても自然と触れ合う、自然に感謝する生活とはほど遠い暮らしになったことだけは確かです。自然から得られる安らぎとかが得られなく、リオさんが言われるように、そういう便利な物を使うことによって得られた時間は何のためのものか・・。
ますますストレス社会になっていくでしょうね。

何もなくても幸せだと感じられる人の方が、本当は一番幸せなのかもしれないなってふと思います。
いろいろ発展途上国を旅して、その人たちの方が私達よりはるかに豊かな心を持っているといつも感じされられてきました。それは一体何なんだろう…って私の中でのテーマでした。

豊かな物にではなく、豊かな心でありたいなと思ってはいるのですが・・。(現実のこの社会ではいつも惑わされます。笑)
  • posted by cherry
  • URL
  • 2008.04/23 09:41分
  • [Edit]

★ りりサマ

「嘘つかない?
う~ん。うらやましい。。。そんな世界に住んでみたいな。」


きっとうそを言ってもわかるから(心の中はお見通しなんだと思います)、わざわざうそを言ったりしないのでは?
アメリカ人は言葉巧みですものね。 
  • posted by cherry
  • URL
  • 2008.04/23 09:52分
  • [Edit]

★ *Soleil*サマ

アボリジニの「必要な物はすべて与えられる。」という言葉が聖書にもあるので、

ですよね。
実際、そうではないですか?
そういうケースを沢山見てたので、私はそう信じています。

「アボリジニのメンタル・テレパシーは日本で言うと以心伝心みたいな感じなのでしょうかね?」

そうなんでしょうね。日本人は結構アボリジニに近いのでは?
欧米の人はこれが苦手ですよね。はっきり言葉にしないとわからない。
*Soleil*さんはアボリジニの楽器を買われたんですよね。
いつかひけるようになるといいですよね。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2008.04/23 10:00分
  • [Edit]

★ yashuサマ

「世の中物が溢れすぎてなんだかおかしくなってきているような気がします。」

オーストラリアはまだ要らないものはガレージセールやセカンドハンドのお店に持っていったり、リサイクルしているけど、日本はすぐに捨てちゃいますよね。勿体ないな~って思います。
物が豊富すぎるからなんでしょうね。
でもいつまでもこんな世の中は続かないですよね。資源には限りがあるし。
将来どうなっちゃうでしょう・・・? 
  • posted by cherry
  • URL
  • 2008.04/23 10:17分
  • [Edit]

アボリジニの人たちの文化ってスピリチュアルよね~。
西洋人が大陸にやってこなかったら、きっと繁栄してどうなってたでしょうね~。
  • posted by ペケ
  • URL
  • 2008.04/23 14:12分
  • [Edit]

★ ペケさま

「アボリジニの人たちの文化ってスピリチュアルよね~。」

そうですよね。
私はとっても興味あって・・。
西洋の考え方と対照的よね。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2008.04/24 21:47分
  • [Edit]

アボリジニ文化

アボリジニの人たちは、もともとテレパシーでコミュニケーションをとっていた、という話、聞いたことがあります。
アリススプリングスに行った時に、昼間からお酒を飲んで喧嘩をし、警察に連れて行かれたアボリジニの人を見て、愕然としたこともありましたが。。。
アボリジニのアートにも、ディジュリディジュにも、興味があります。
紹介されていた本も、一度読んでみたいです。
  • posted by LUNA
  • URL
  • 2008.04/26 23:58分
  • [Edit]

★ LUNAさま

アボリジニの人たちは、テレパシーでコミュニケーションとっていたみたいですね。
でも現代のような生活をして、きっとだんだんその能力も薄れたのでしょうけど。
それでも、いまだにそういう能力を持っている人はまだまだいるんだと思います。

アボリジニの飲酒の問題は深刻です。
とういうのも、もともと彼らには飲酒の習慣はなく、だからアルコールを消化できないらしいんです。(消化酵素がもともとDNAにないそう)
アボリジニのコミュニティアルコール持ち込みをしてはいけないことになっているけど、今やどこででも手に入るので、飲酒して、問題を起こしているみたいです、
悲しい現実だと思います。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2008.04/29 07:12分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

飢餓を救って英単語学習しませんか

FREE RICE  ★ Free Rice 英単語のクイズ(4択)に答えると、正解1問に付きお米20粒が国連に寄付されます。 *      *    詳しくは・・・・こちら

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

ランキングに参加中です      

 ☆ クリックお願い ☆

プロフィール

cherry

Author:cherry
LA → ゴールドコースト → ケアンズ → ゴールドコースト

2つの世界遺産に囲まれたケアンズで、のんびりホストマザーをしながら異文化を楽しんでいましたが、永住を決めた地であるゴールドコーストに戻ってきて、次の旅行を計画中。只今リゾートホテル滞在中。


    家族

★ cherry ・・・ 旅が大好き。
夢・・・死ぬまでに世界制覇を目指す。(100カ国訪問を目指しているけど、まだ40カ国位しか行けてない)
  

★ 独夫さん(ドイツ人の夫だから独夫) ・・・・生まれはドイツ、でも住んでいる期間はオーストラリアの方が長い。
  
インドに住んで以来、インドにぞっこん。
目指すはアマゾン。(私も同じく心はインドと中南米に!)
独学で日本語を猛勉強中。

★ 桜子・・・大学生(娘)
今、日本に滞在中

★ プーチー・・猫。(オス)
アメリカンショートヘアー・・・?
我が家で一番グルメで賢い
(が、今は人様の猫君に)

カレンダー&アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索

マウスについてくる星

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。