ホストマザーのつぶやき&世界観          @オーストラリア

ゴールドコースト&ケアンズ在住。 国際結婚したホストマザーのつぶやき。世界のびっくりニュースや面白い話題を。                      (続・海外に住んでも英語は喋れない)     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻同伴の企業面接と新人研修

日本では、「仕事に家庭を持ち込むな!」」、ですよね。
ところがここオーストラリアでは家庭が主流なので、仕事も夫婦単位を要求されることが結構ある。

以前主人が勤めていた会社の面接の時、妻の私も一緒に来いと言われた時にはビビったわ。採用されなかった場合の理由が、妻の失言なんてことになったらやだもの。

「会社としては、妻の理解と協力がないといい仕事ができないと思っているからじゃない?」と主人。
「え~、でもそんなこと言われたらますます気が重いわ~。」
といって受けた夫婦揃っての面接。

採用された時にはホッとしたのだが、そのあとすぐ、新人研修ということで、1泊2日でマグネティック・アイランド(磁石島←変な名前)へ行くことになった。

ケアンズから南へ3~400キロのところにある。
ここは今シドニーから北上中のリオさんが滞在している島でもある。
(リオさんの記事・・・・マグネット島へ行く

  マグネティックアイランド・・・・グレートバリアリーフの中の1つに小さな島、といってもあるいて1周できる距離ではない。 でも歩いて1周に挑戦した人がいたそうだけど、15キロ地点で断念したとのこと。
184haの内75%が国立公園 2500人の気さくなオージーが居住しているので、他の島々とは異なった雰囲気らしい。
野生のコアラやカンガルーやハリネズミやフェレットみたいなめったに見れなそうな動物に意図もかんたんにあっさりと出会う事が出来るそう。



「えっ、妻も同伴って、それって会社の研修なんでしょ。」と、ビビる私。
今までにもクリスマスパーティとか、招待旅行に夫婦同伴ってあったけど、まさか研修にまで妻が同伴しないといけないなんて・・。

日本では勤務中に夫の会社に行くこととか、急用以外に電話することも良しとされないでしょ。まあ企業によるけど。仕事に妻は口をはさむな! みたいな・・。
なので、極力夫の仕事先とは距離を置いてしまう私だったのだが。

「他の都市からも研修に来るらしいよ。」
それを聞くとますます気が重くなった私は、丁寧に辞退させてもらった。


が、その研修から帰ってきた主人が言うには、
  研修とは名ばかりで、優雅な旅行だった、らしい。

ケアンズ→タウンズビルまで車で3~4時間、そしてそこからフェリーでマグネティックアイランドへ。
リゾートホテルの広い部屋(ビーチフロントではない)を用意してくれていて、クルーズやディナー、当然ドリンクも飲み放題・・・・、

(え~、そんなの聞いてないよ~。知ってたら私も行ってたのにー!)
すでに遅し。
そうよね、大体週末にオージーが仕事なんてするわけないよね。なあんだ、企業研修とは単なる名前だけだったのかー。ついつい日本の会社を想像してしまって、失敗!
【追記: ちゃんと研修もしたらしい。】 ← 行かないで正解だった・・・?

こちらでは、
夫の勤務先に皆さん普通に電話してます。
用事なくても
勤務先にも普通に出入りもしているし。


日本人の私には夫の勤務先というのは、敷居が高く滅多に行かないのだけど、でもたまたま近くを通った時に立ち寄った時、同僚が椅子を持ってきてくれて、主人の隣に座らせてくれたんですよね。
コーヒーは出してくれるわ、あと1時間で終わるから、それまでここで話して行ったら?、とまで言われた時にはびっくりした~。

「うん、1時間くらいなら大丈夫だよ。昨日は彼女のお姉さんがきて、1時間一緒に喋っていったから。」
仕事に関する考え方が日本人の私達と違いすぎるここオーストラリア、最近は随分慣れてきたけど、最初はびっくりしたもの。

それにしても、なんでマグネティックアイランドって言うんだろう。
樹海みたいに磁気が狂っているとか・・・?
ミステリアスな島の名前だわ。行ってみたかったな~。

ランキングの応援して下さる方へ、
   いつも有難うございます。

banner2.gif にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ ← 2つ、ポチ、ポチっとお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

お久しぶりです♪

日本じゃ、考えられないですね。
今じゃ、携帯があるから良いけれど、
昔は、旦那さんの職場にかける時って、
そうとうの勇気が必要なイメージでした。

彼は、今、日本の企業に就職をしましたが、
外国の企業と日本の企業のギャップにちょっと戸惑い気味…。
でも、受け入れようとがんばっています。
結構、日本人(私も含めて)は、プライベートを話しますよね。
家族構成とか、奥さんの年齢とか、家族内での事件とか…。
(外国もそうなのかしら?)
でも、彼は、どうして、こんなに聞いてくるの??と言っていました。
(入社2日目時点で、彼の会社では、既に私はみんなに知られているとか…。)
逆に、こういう風(オーストラリア)に、会社と家族が付き合いがあるのって、
プライベートな話をしなくても、目に見えてわかるから良いのかもしれませんね。
でも、妻同伴の面接は、ちょっと嫌かも…。

応援ポチッ♪
  • posted by nowbest
  • URL
  • 2008.05/18 12:16分
  • [Edit]

旦那さんの会社の研修に奥さんも同行するのはスゴイですね!
アメリカはそこまで出来る分かりませんが、旦那が海外へ出張中に何度か会いに行ったことがありました♪
確かに日本では、仕事に家族を同伴するのは難しいですよね・・・。
  • posted by *Soleil*
  • URL
  • 2008.05/18 12:22分
  • [Edit]

オーストラリアはゆったりしているのかなあ。
うちの職場だったらもし家族が来て
仕事をしないということであれば
有休をとりなさいって言われます。
私用電話はもってのほか。

妻同伴の面接はいやだなあ。
うちは長女の中学受験でとある学校が
保護者同伴で、私は夫に同伴してもらい
私はパスしたくらいだもの。
でもその優雅な旅行の研修だったら行ってみたいです!
  • posted by ピコ
  • URL
  • 2008.05/18 12:47分
  • [Edit]

夫婦同伴

夫婦同伴とは、てっきりパーティーなどのことと思いきや、
cherryさんのネタはそんなに単純ではないはず。と思いきや
やっぱり~!!!

本当に国ごとに文化の違いは大きいですよね。
アメリカでも、そこまでは聞いたことがない。というか学生ですし・・・
でも、研修旅行は本当に残念でしたね。
  • posted by BlueBlueberry
  • URL
  • 2008.05/18 13:07分
  • [Edit]

おぉ、これは。

妻同伴面接&研修は初めて聞きました。緊張するけど、同伴してみたいわ。
うちのダーリンの今の勤務先、すっごくマネージャーが厳しくて、生活に必要な電話でも一本もかけられないんです。クレジットカード会社、銀行、電気会社などなど、昼休みでもかけられない雰囲気みたいです。
のんびりしすぎも困るけど、こういうのもいやですね。前の職場は天国だったなぁ。。
いつもどうり応援!×2
  • posted by ☆もっち
  • URL
  • 2008.05/18 13:23分
  • [Edit]

へぇへぇ!!研修って、言われたら私も辞退しちゃうかもー、でも行けば楽しそうですね^^
確かに海外は日本の常識とはちょっと違うかも。それでもなるべく距離を置いてる私ですが、確かに電話とかみんなしてるみたいだし。。
異文化、面白いですねー。
そっちがいいんだろ。。。。どっちでも楽しんじゃえばいいのか。
  • posted by なっつん
  • URL
  • 2008.05/18 15:01分
  • [Edit]

同伴研修だなんて聞いたことないですよね。
そりょー辞退しますよね。
確かに おージーが働くわけないですよ。
今度からは深読みが必要ですね。笑
☆☆
  • posted by Kay
  • URL
  • 2008.05/18 18:22分
  • [Edit]

ええ~~~?

私同伴で面接したら、落とされそう(汗)
なんでだろう?家庭の雰囲気を見たいのかな?
こっち、やたら発言権の大きな奥さんもいるもんねえ。
これが逆に夫同伴の面接だったら、私は心強いかも♪
マグネット島豪遊ならなかったけど、そのかわりに応援していきますね!!!
  • posted by りおん
  • URL
  • 2008.05/18 19:53分
  • [Edit]

研修というなの旅行に行けなくて残念でしたね~(笑)
今、家内が連絡をくれるときは携帯のメールですね。
そして会社の中に足を踏み入れるのは余程の事がない限りまず無理ですね。
今、個人情報保護やら、内部統制やらでセキュリティには異常に厳しいのが
日本企業のような気がします。
個人的には、やりすぎで人間らしさがなくなっているような気がします。
米国、ヨーロッパ、韓国それと日本の中学生だったかのアンケートで
自分の両親が生きがいを感じている、と思う生徒は日本の子供は
なんと35%!
その他は65%前後・・・

考えさせられます・・・・
ぽち!!
  • posted by イザワ
  • URL
  • 2008.05/19 02:12分
  • [Edit]

トレッキング、しんどかったです、くたくた。。

このブログを拝見するのが一足遅くてマグネ島1周歩きに挑戦してしまいました。普段ジムで鍛えてたつもりの僕でしたが、半周もすることができませんでした。アップダウンが激しくて、とても歩いては廻れません。いやあ、それにしてもブログどうしの奇遇を感じるにつけ読み書きする楽しさ倍増です。

ところで、オーストラリアでは面談等夫婦共とのこと、日本とは逆の意味で”夫婦で”ということなんですね、大変生活重視で合理的でいいなあと思います。

聞くところでは、イギリスのジェームズ・クック船長が18世紀にタヒチ、ニュージーランド、オーストラリアの探検航海を行なった時、この島の沖合でコンパスが狂ったため、磁石の島といわれているそうです。
  • posted by オルスコ
  • URL
  • 2008.05/19 11:02分
  • [Edit]

おひさしぶりです!

ごぶさたしています。コメントありがとうございました!
ブログリニューアルされたんですね^^

仕事と家庭に関するあたりが、日本との大きい違いなんだなって
私も思わされたことがありました。

でも、奥さん同伴の面接というのは初めて聞いて
びっくりでした!それもありなんですねー。

私も日本で、外資系&外国人上司の時は、ひっきりなしに奥さんから
会社の電話にかかってきたりってこともありました。

(心の中では、「これが日系企業&日本人だったら、奥さんからの会社の
電話への頻繁な電話はマイナスイメージになるのだろうな」と思いつつ)

企業研修と名づけ、優雅な旅行をしてしまうとは、やはりさすが
オーストラリア、という感じですね!
知っていたら、と思うと残念でしたでしょうね。
次回に期待!というところでしょうか。

私も去年、相方の会社のクリスマスパーティに招待されて、
「え、私が行ってもいいの?」と聞いてしまいました。

コメントいただいたメールアドレスの件、送信できなかったようですみません。
サーバの調子が悪いのかわからないのですが、再度ここに書いていきますので
よかったらもう一度お送りいただけますでしょうか。

また遊びにきます♪ポチポチッ

へ~でも確かに家庭が落ち着いてないとお仕事にも集中できないしね~。
会社の経費で旅行したいわん♪
  • posted by ペケ
  • URL
  • 2008.05/19 14:08分
  • [Edit]

それはもったいないことをしてしまいましたね。
うちのだんな君の会社もよくパートナー同伴のパーティとかあるんですが、ドイツ語(特に音楽ジャンジャンの中で複数相手の会話)が苦手な私はできることならパスしたいのです。
でも、そんな研修ならぜひ同伴します!
  • posted by phary
  • URL
  • 2008.05/19 16:19分
  • [Edit]

私も結婚当初「なんで会社に電話して来ないの?」と聞かれ、戸惑ったことがあります。
会社に用もないのに電話するなんて・・・と今でも思ってるけど、向こうからの電話には今では慣れたかも。
でも夫婦同伴で面接は、こちらでは聞いた事ないです。
そんな研修と言う名の旅行だったら、私も行きたい!
ホント、面白い名前の島ですね~。
☆☆
  • posted by ree
  • URL
  • 2008.05/19 23:45分
  • [Edit]

妻のために?

私の想像では妻を見たいのではなく、妻にも会社を見せてあげなさいor見てもらいなさい、という感覚のような気がします。  我が家も夫が日本からアメリカに面接に呼ばれたとき、飛行機代と滞在費を出すから家族で来なさい、来てみれば奥さんも気に入ってくれるはずだ、といわれて息子と私も同行しました。妻面接もあるのかとドキドキしましたが、幸い面接同伴はありませんでした。会社というより国を見てごらんといわれたような、何ともありがたい申し出でした。
  • posted by おかあにゃん
  • URL
  • 2008.05/20 06:10分
  • [Edit]

コメント有難うございます。

nowbestさま、 *Soleil* 、 ピコさま、 BlueBlueberry さま、 もっちさま、 なっつんさま、 Kaysさま、 りおんさま、 イザワさま、 リオさま、 オルスコさま、 Juneさま、 ペケさま、 pharyさま、 reeさま、 おかあにゃんさま、コメント有難うございます。

やはり日本では会社に家族が電話するというのはタブーとされているんですね。
仕事に家庭を持ち込むような心構えで仕事をするな!ってことでしょうか。
夫の出世や評価にも影響があるんでしょううね、きっと。

でも海外では勤務先に家族が電話をしたりするのは普通みたいですね。シンガポールでもそうだと聞いて、ひょっとして日本くらいなんでしょうか、厳しいのは。

その会社はアメリカの会社だったので、アメリカでは夫婦で面接&研修ってもっとポピュラーなのかと思っていたら、全然そうじゃないんですね。ちょっと意外でした。
  • posted by cherry
  • URL
  • 2008.05/20 20:15分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

飢餓を救って英単語学習しませんか

FREE RICE  ★ Free Rice 英単語のクイズ(4択)に答えると、正解1問に付きお米20粒が国連に寄付されます。 *      *    詳しくは・・・・こちら

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

左サイドメニュー

ランキングに参加中です      

 ☆ クリックお願い ☆

プロフィール

cherry

Author:cherry
LA → ゴールドコースト → ケアンズ → ゴールドコースト

2つの世界遺産に囲まれたケアンズで、のんびりホストマザーをしながら異文化を楽しんでいましたが、永住を決めた地であるゴールドコーストに戻ってきて、次の旅行を計画中。只今リゾートホテル滞在中。


    家族

★ cherry ・・・ 旅が大好き。
夢・・・死ぬまでに世界制覇を目指す。(100カ国訪問を目指しているけど、まだ40カ国位しか行けてない)
  

★ 独夫さん(ドイツ人の夫だから独夫) ・・・・生まれはドイツ、でも住んでいる期間はオーストラリアの方が長い。
  
インドに住んで以来、インドにぞっこん。
目指すはアマゾン。(私も同じく心はインドと中南米に!)
独学で日本語を猛勉強中。

★ 桜子・・・大学生(娘)
今、日本に滞在中

★ プーチー・・猫。(オス)
アメリカンショートヘアー・・・?
我が家で一番グルメで賢い
(が、今は人様の猫君に)

カレンダー&アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索

マウスについてくる星

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。